少女がテーマの作品

少女が活躍する作品で

これまで紹介してきた作品では、主に少年が主人公の作品が取り上げられている。アニメは必ずしも男子が見る、というよりは欧米諸国では子どもが見るものと考えられています。現代でもその考え方は衰退はしていませんが、世代として育ってきた人は成長してもなおこよなく愛している人もいるほど。21世紀になって日本の文化、それこそ伝統芸能以上に普及して今や日本を知る鍵にもなってしまったポップカルチャーの底力は凄まじい。NARUTOなどの日本ならではの世界観が楽しめる作品もそうですが、日本人が創りだす作品のクオリティに外国人も魅了されているようだ。

とはいえ、必ずしも似たような作品が人気を呼ぶわけではない。ロボットや少年漫画のような少年が主人公の作品ばかりが愛されるのではなく、中には『10代の少女が主役の作品』が人気を博すこともあります。日本では少女たちが活躍する作品はかなり前から当たり前に普及していますが、欧米人にしたら女の子が主人公という時点で考えられないと見ている人もいるでしょう。事実、女性差別が横行していたかつてのことを思えばそうなのかもしれません。

女性に対しての偏見が強い社会の中で、圧倒的な人気を得た日本のポップカルチャーはあるのかというと、実はあるんです。それも日本で社会現象を引き起こした作品がだ。

ポップなあなたへ

橋本 美容室Ririan(リリアン) ヘアサロンではカット・トリートメントや着付けの他にも、フェイスパックなど、多彩なメニューを取り揃えています。ご予約・お問い合わせお待ちしております。

女性が主人公で、社会現象を引き起こした作品

美少女戦士セーラームーン

まず最初に知っておきたいのが、日本国内でも人気はあるものの、実は海外で高く評価されているのが『美少女戦士セーラームーン』になる。不朽の名作として知られる一方で、欧米では10代の、それも少女が可憐でありながら正義の味方となって悪を打ち砕き、さらに恋に友情とサブの方も充実した時間を過ごしている世界観に、初めてみた人は魅了されたという。

特に女性層からは大変な支持率があると言われ、未だに今作を置いて他に日本のポップカルチャーを語れないという人までいるほどだ。そこまで言われるのは、やはり歴史的な観点から見て女性蔑視が酷く横行していたことが関係しているからだろう。社会において底辺の存在として扱われ、まるで子どもを生むためだけに存在しているような扱いだった女性たちにしたら、作中で屈強たる敵キャラにくじけること無く、勇敢に立ち向かっていく姿に励まされたという人が多いのかもしれません。

コスプレの観点からしても、必ずしている人がいると言われるだけに人気の高さはあいまっているようだ。ここ最近ではセーラームーンが現代の、原作に基づいた新作アニメを放送して話題を呼びましたが、それも重なって人気なのかもしれません。それこそ主役を演じているのが90年代に登場して社会現象を引き起こした時と変わらないという事実の方が、戦慄を覚えるでしょう、良い意味でだ。

魔法少女まどか☆マギカ

そして今作もやはり見逃せない、というよりそれまでの定義が根幹から覆されての展開に誰もが何が起こっているのか理解できなかったはず。筆者もその1人、タイトルから見てもらえば分かるように、『魔法少女まどか☆マギカ』という可憐な響きとキャッチーなタイトルに見合ったいたいけな少女たちが魔法少女として活躍していくだろうと、そんな当たり前な萌アニメかと思ったら、まさかの3話で主要登場人物で、主人公たちを導くはずの先輩キャラが彼女たちを指導する以前に凄惨な死を遂げるという展開を迎えてしまった。

物語が進んでいけばいくほど、この作品における魔法少女が今までの概念からは遠ざかった、忌むべき存在になってしまう一歩手前だというのも判明し、益々物語は加速していく。また主役の少女が魔法少女になるはずなのに、彼女は最終話まで魔法少女にならないという展開も驚いた。皆死んでいく中で1人、呆然と対極から眺めているだけなのだから末恐ろしいという以外にない。

日本の魔法少女的な価値観とは打って変わってシリアスな内容は、日本のみならず世界的にも話題を呼んだ。

オタクになりたい方必見

一人暮らしのお部屋は優和住宅へ!市川市 不動産物件情報を随時更新中!

少女が活躍する作品として

日本的な視点で見ればポプカルも幅広い。それこそ可愛い少女たちが主役の作品は今では基本といったばかりに制作されているものの、その中でも世界的な人気を得られるかどうかはわずかだ。萌えキャラを出すにしても、その原点は既に同二作で埋められ、これまで抵抗感のあった人たちも日本の文化的な営みに取り込んでいったことでファン層を増やしていった。日本のポップカルチャーの中でも、少女をモチーフにした作品でこれほどの人気を得た作品はないと言える。他にも漫画だけで人気を集めた作品はありますが、それまでの定説を打ち破ったという点からしたらセーラームーンとまどマギをおいて他にない。