表現の自由が体現されたネット社会

ニコニコというものについて

日本のサブカルといえば、という話題について触れるとしたら何を真っ先にあげるかだ。アニメや漫画などが普及している中でいえば、類似する文化もポプカルと見るべきなのかもしれませんが、そうではないと言い切れるものもある。個人的にはいくら有名になっても、これだけはサブカルだろうというものが『ニコニコ動画』についてだ。

こちらも国内では有名になっている動画配信サイトが原点となっている。それが今では商業的な利用として企業が参入し、新情報の発表や宣伝などに用いられている。アニメもニコニコ動画とは切り離せない関係にあるため、そういった意味では広く愛され続けているといって過言ではない。筆者個人も利用しているが、本格的といえるような活用はあまりしていないのが実際のところだったりします。

現在でも動画配信を楽しんでいる人は多いが、見ているだけで実際に自分が動画を投稿することはない、そう考えている人も多い。何故かという理由を読み解くと、真っ先に浮かぶのは自分の顔が不特定多数の人々に目撃されてしまうことにある。これはなるべくならサブカルのままであってほしいと思う、間違ってポプカルにならないことを祈るばかりだ。

ポップなあなたへ

注文住宅で家を建てたい方へ。優和住宅は建物の建築にも自信があります。好きなエリアに自分にあった土地を探し、好きなプランで家を建てる。そんな夢の実現をお手伝いさせて頂きます。

どうしてか

ニコニコ動画がサブカルであるべき、と断定するほどの理由として挙げられるのは、その手頃さ故に誰しも社会的規範から逸脱しやすいという点が挙げられる。昨今、度々ニュースにも取り上げられていますが、ネット社会となって自分でも情報の発信源になれるようになったことで、誰もが有名人気取りが出来るようになった。それを利用して、ネットで芸能人であるかのような振る舞いをしている人が後を絶たずに量産され続ける始末だ。

そのせいで過去にはどう考えても犯罪行為と断定されてしまう行為が続発してしまう。ある者は放火、ある者は店頭で販売されている商品に針を入れる、などという内容の動画を配信するようになった。挙句の果てに猫を川の中に沈めて溺死させるという、犯罪まですることで注目されたいと考えるようになった人もいる。ここまでいくとサブカルなどと言った文化的な活動とは、あまりにかけ離れた常識のない、人間性を疑う人が増えてしまった。

中には

また手頃に情報発信できたり、あるいはネットで注目を浴びて本格的なデビューへ繋がるといった人も稀にいる。そうした機会を伺っている人もたまに見かけますが、中には引きこもりで学校にもろくに行っていない少女が真夜中に動画を配信するといった行いまで見かけるようになった。

確かにそういう機会に恵まれることもあるかもしれませんが、やるべきことをしないで遊びほうけても誰も助けてくれるどころか、むしろ社会復帰をしろと糾弾されてしまいます。そういう視点から見れば、動画配信などというものがサブカルだと言われてもしょうがない点となっている。

Youtuberという存在

ニコニコ動画だけでなく、最近では動画サイト『Youtube』で活躍している『Youtuber』なる人々も例としてあげられます。この方たちも言ってしまえばサブカルで活躍する人たちだ。そしてそんな彼らに憧れて、将来はYoutuberになりたいなどという小学生まで出てくるまでに知名度を上げているという。なりたいという子供の将来が不安で仕方がないが、そんな簡単なことではないのは見て分かるはず。それこそ犯罪などせず、ただ動画で下らないトリビアを全身を使って面白おかしくするため、工夫する努力を怠っては行けない。安易な方法に乗り出さず、面白くするためにはどうしたら良いのかをセルフプロデュースしなければならない。

それが出来る人間などほとんどいません、簡単そうだ、普通に働かなくて良いんだと思っている人もいるでしょうが、大抵の動画配信者は仕事や学校の片手間でやりたいことをしているというのが普通なのです。

オタクになりたい方必見

サブカルとは

サブカルとは独特の文化であると述べましたが、まさにそのとおりだ。動画配信にしても人によってそれを受け入れられるかどうかで見方は変わってきます、筆者的には自分で配信するよりは見ているほうに徹したい。そもそも自分の顔を、不特定多数のネット社会で公開されることのほうが何より恐怖に感じるからだ。

芸能人のように振る舞えるサブカルであるニコニコ動画ですが、それに反して芸能人並みに知名度が出ても、それで何かしらの実害が出たからといって誰からも助けてもらえない事を理解しておこう。