日本におけるサブカルチャー

漫画やアニメはかつて

今では漫画やアニメなどは日本人の中でも主力の文化、言ってしまえば日本を知ってもらう上で親しみのあるものにまでなっている。無論その事実を受け入れている人ばかりではないのも認めなくてはなりません、何せかつての事を考えればまさかここまで発達するなど誰が予測したのでしょうか。娯楽的なモノとして楽しむ分には問題無いにしても、あまりに刺激を受けすぎるがゆえ、教育上良くないと断固として見させない人は今でもいる位だ。そういう人達にしたら、今のこの状況は信じられないと言ってもいいでしょう。

受け入れがたいにしても、世界的な人気は確固たるものになってしまった点は容認しなくてはなりません。それで日本に対して良い印象を持ってくれる人が増えるのなら、それに越したことはないからだ。ただ、漫画やアニメなどの原点がポップカルチャー、いわゆる大衆文化的な立場ではなかったのは知っておかなくてはならない。曰く、これらの文化もかつては『サブカルチャー』だった。

サブカルとは例として、

『独自の信条を持つ人々が作り上げた独特の文化』

このように語られています。なので漫画なども好きな人たちに支えられていたからこそ、現在の地位があるわけです。とりわけアニメに至っては見るにしても、せいぜい小中学生の子どもが見るまでに留めるべきものであり、それ以上の年齢は自然とテレビドラマなどに集中していくという風に見られていた。それらが一般的にこよなく愛される大衆文化として成功していくものの、日本的な視点では世界とまともに張り合う事が出来ないのは目に見えて明らかのはずだ。

ポップなあなたへ

コンタクトレンズを使用する際には専用のケア用品を用意しなくてはいけません。コンタクトレンズ 激安 通販アイネットコンタクト ケア用品のご用意も万全となっておりますので、どうぞご利用ください。

今では

アニメや漫画がポップカルチャー、大衆文化になったのに対してそれまで一般的だったTVドラマなどはどうかと考えてみる。過去、日本でもドラマは名作と呼ばれる作品は多く発表されていますが、90年代に当たる作品で、これこそ名作などと呼ばれて多くの外国人に受け入れられている作品があるかどうか考えてみると、例としてあげられるのはそれはもう過去作品ばかりだ。

例えば日本国内で話題になったドラマ、『HERO』を挙げてみる。第1期には視聴率30%を獲得するお化けドラマとして話題を集めましたが、海外の方ではてんで人気だったという情報はまるで見当たらない。主演がカッコいいかどうか以前に、この国が創りだすドラマを見ても面白く無いと判定してしまう人は多いようで、その代償は大きく支払われている。国内で人気が出れば良い、というものではないでしょう。何せその国内でも昨今のTVドラマが酷い惨状と言われている辺り、死屍累々なのだから。

かつて国内ではTVドラマやバラエティが大衆文化として発達し、アニメや漫画などがサブカルとして蔑まれていましたが、今ではすっかり逆転してしまっている。そう断言してもいいくらい、日本の文化がマイナー路線を依然として進行している。

日本的なサブカルには

ドラマやバラエティがサブカルだなどと暴論だ、と言われてもしょうがない。多くの人がつまらないと言っているこの状況では、とてもポプカルだなどと言うのは無理が出てきてしまいます。今現在の日本から見ても、ドラマやバラエティも面白い時代はありましたが、それも今は昔だ。

過去を見通してもドラマは流行らずとも、アニメや漫画では圧倒的な人気を得ている点を考慮すれば、世界的な知名度を得るためにはサブカルであればあるほど良いのかもしれません。とはいえ、今後ドラマ作品などが人気を取り戻すかどうかに関しては、なんとも言えないところではある。ただ日本のようにサブカルだったものがポプカルへ、ポプカルだったものがサブカルへと変遷することのほうが恐ろしいことだと見る必要がありそうだ。それだけテレビの質が世界基準で考えると、恐ろしいくらいに低下しているのかもしれません。

オタクになりたい方必見

過去にトラブル、ブラックリストの方も審査なしで。フェザーズのレンタル携帯を契約できますのでご安心ください。

日本のサブカルにも

ドラマやバラエティがつまらないからアニメや漫画に傾倒する、というわけではない。諸々の事情でどうしても容認出来ないという人はどうしてもいるものだ。そんな人々に国家戦略たるポップカルチャーを理解しろと言われても、理解に苦しんでは容認など出来るはずもありません。オタク文化がここまで普及したのには、サブカル時代から流通して国外で評価を受ける上で高く評価されたという背景があります。だからこそ昇格したのだ。

だがこの国にもサブカルと言われるものの中には人に知られるにはあまりにマイナーすぎる作品というものもあるため、必ずしも誰からも愛される作品があるとは限りません。この国にも外国人からしたら受け入れがたいサブカルは存在しているからだ。